学術集会開催規程

(目的)
1.九州実験動物研究会(以下,研究会)が開催する学術集会開催に必要な基本事項を定め,集会の適正かつ円滑な実施を図ることを目的とする。
(大会長の選出)
2.正会員は,自薦,他薦を問わず大会長候補に立候補することができる。その旨を学術集会委員長に届け出ることとする。
3.学術集会委員長は,上記の立候補ないし推薦をうけてこれを会長に報告し,理事会に諮ることを進言する。
4.立候補者がいない場合,理事会が大会長候補者を推薦することができる。
5.大会長は,理事会の議を経て会長が決定する。
(大会長の職務)
6.大会長は,学術集会を主催し,会長が招集する総会,理事会および評議員会を共催する。
7.大会長は,大会事務局を定め,学術集会委員会と共同で学術集会の準備を円滑に行うとともに,会長の求めに応じて準備状況を報告する。
8.学術集会は年に一回定期的に開催し,会期と会場について大会長が決定する。
9.大会長は,学術集会の会期と会場等について,研究会事務局および情報委員会と協力し,書類送付のほか電子メールおよびウェブ等の手段を用いて会員に周知する。
10.大会長は,研究会会則の目的の範囲において,関連団体との共催により大会を開催することができる。この場合,学術集会委員会と協議のうえ決定する。
11.大会長は,参加費,シンポジウムおよび特別講演の開催,賛助会員トピックスおよび話題の開催,一般演題の採否,プログラム編成,プログラム・講演要旨集の編集,器材展示,懇親会開催等の企画を決定する。賛助会員トピックスおよび器材展示については公募することとし,選考にあたっては学術集会委員会と協議する。
12.大会長は,プログラム・講演要旨集原稿を九州実験動物雑誌の編集に合わせて雑誌編集委員会に提出する。
13.大会長は,学術交流協定を結んだ海外の学会等に対する招請および参加者との交流方法等については,海外交流委員会および学術集会委員会と協議のうえ決定する。
14.大会長は,一般演題の申し込みに際して山内・半田賞(一般演題部門)の受賞希望があった場合,その旨を山内・半田賞選考委員会に報告する。
15.大会長は,会長が招待する名誉会員に係る参加費および懇親会費については無料とする。
16.大会長は,会長が招待する海外参加代表者に係る参加費および懇親会費については無料とする。
17.大会長は,学術集会開催の前後各1年間(計約2年間)は,学術集会委員会のオブザーバー委員として活動する。
18.大会長は,総会終了後,総会記録を編集し原稿を雑誌編集委員会に提出する。
(研究会による経費補助ほか)
19.研究会は,総会費として30万円の経費を開催年度に大会長宛支出する。会場借り上げ費用のほか,非会員演者への旅費および謝金等に充当されることを想定している。
20.研究会は,特別講演の演者への記念品(研究会特製のネクタイピンまたはブローチ)にかかる費用を支出する。
21.研究会は,賛助会員宛に,九州実験動物雑誌(1部)および無料の参加証(1枚)を研究会事務局経費で事前送付する。
22.会長は,海外参加者が求める招請状等の書類を作成し,送付する。
(不定期学術集会の開催)
23.不定期の学術集会開催の必要性を認めた場合,理事はこれを会長に進言することができる。会長は,学術集会委員会と協議のうえ開催を決定する。
24.不定期学術集会の大会長は,会長がこれを兼務する。
(改廃と実施)
25.本申し合わせの改廃は,理事会で決定する。
26.大会の開催に関して,本規定以外の事項が生じた場合,会長,学術集会委員会ないし大会長の協議によるものとする。
27.本申し合わせは,平成19年11月10日より実施する。

(附)平成22年10月22日に改訂し,実施する。