総会記録 第31回〜

第31回九州実験動物研究会総会

開催日 2013年11月16-17日

大会長 浦野 徹(熊本大学)

開催地 八千代座(山鹿市)

 ※第33回日本実験動物技術者協会九州支部研究発表会との共同開催

特別講演「腸内フローラから実験動物を考える」 伊藤喜久治

    「ロボット技術の動向と医療分野への展開」 山本節雄

    「動物におけるゲノム編集技術の最前線」 佐久間哲史

 

 旧HPに掲載された案内はこちら(HTML

 旧HPに掲載されたプログラムはこちら(HTMLPDF

第32回九州実験動物研究会総会

開催日 2014年10月25-26日

大会長 越本知大(宮崎大学)

事務局長 増元圭三(宮崎大学)

開催地 宮崎観光ホテル(宮崎市)

 ※第34回日本実験動物技術者協会九州支部研究発表会との共同開催

特別講演「いきものと毒」 丸山眞杉

特別講演「東京都健康長寿医療センターにおける老化動物育成と飼育環境の検討 」 野田義博

九実研教育シンポジウム『免疫学を学ぼう』
 免疫学入門 知られていないリンパの仕事 丸山治彦
 寄生虫感染と免疫応答:マウス系統間でみられる感染感受性の違い 吉田彩子
 樹状細胞による感染制御 佐藤克明

実技協九州支部シンポジウム『マウスの繁殖効率を高めるための様々な工夫』
 マウスの繁殖成績に与える諸因子 山田高也
 マウスの妊娠動物の判定と繁殖の工夫 北岡浩司

九実研・実技協九州支部合同シンポジウム 『南九州の野生齧歯類』
 謎に包まれたネズミ・ケナガネズミを育む南九州 城ヶ原貴通
 性染色体研究におけるトゲネズミの重要性 村田知慧
 南九州のアカネズミを用いて齧歯類の繁殖形質の可塑性に迫る 坂本信介

 

 HPに掲載された第二報はこちら(HTML

 HPに掲載されたプログラムはこちら(PDF

第33回九州実験動物研究会総会

開催日 2015年11月7-8日

大会長 小野 悦郎(九州大学)

開催地 九州大学(福岡市)

 ※第35回日本実験動物技術者協会九州支部研究発表会との共同開催

特別講演

 「体外卵子産生系の構築と卵母細胞分化メカニズムの解明」 林 克彦

実技協九州支部 特別講演

 「国際基準に沿ったげっ歯類の麻酔および安楽死法の実際 」 岡村匡史

九実研・実技協九州支部・実動協九州支部 合同シンポジウム

『高度免疫不全動物の特性と適切な維持管理方法について考える』  

 「高度免疫不全動物開発の歴史とそれら動物の特性」 伊藤 守

 「免疫不全動物の飼育管理」池 郁生

広東省実験動物学会 特別講演

 「Establishment and evaluation a transgenic mouse model of arthritis induced by overexpressing human tumour necrosis factor alpha」Ge Li

 「Introduction of Chinese experimental miniature pig breeding and research progress of genetically engineered pig」Weiwang Gu

 

 旧HPに掲載された案内はこちら(HTML

 旧HPに掲載されたプログラムはこちら(PDF

第34回九州実験動物研究会総会

開催日 2016年10月29-30日

大会長 宮田博規(産業医科大学教育研究支援施設動物研究センター)

開催地 産業医科大学(北九州市)

 ※第36回日本実験動物技術者協会九州支部研究発表会との共同開催

特別講演I(実技協九州支部、実動協九州支部)

 「動物園動物の福祉」 岩野俊郎

特別講演II (九実研)  

 「遺伝子組換え動物を用いた下垂体後葉ホルモンの研究 」 上田陽一

特別講演III(九実研)

 「新規実験動物モデルツパイの開発」 小原恭子

特別講演IV (実技協九州支部)  

 「ゲノム編集の基本原理と限りない可能性 」山本 卓

 

 旧HPに掲載された案内はこちら(HTML

 旧HPに掲載されたプログラムはこちら(PDF

第35回九州実験動物研究会総会

開催日 2017年11月11-12日

大会長 和泉博之(株式会社新日本科学)

事務局長 若松真矢(株式会社新日本科学)

開催地 陽子線治療センター 指宿ベイヒルズ HOTEL & SPA 大会議室(3階)(指宿市)

 ※第37回日本実験動物技術者協会九州支部研究発表会との共同開催

九実研及び実技協九州支部 合同特別講演

 なぜ 「利右衛門」 なのか  坪井詳忠(指宿酒造株式会社)

広東省実験動物学会 特別講演  

 MicroRNA-378 enhance radiation response of a U87 glioblastoma in vivo ectopic and orthotopic implantation model

 Wende Li(李 文徳) Guangdong Laboratory Animal Monitoring Institute (広東省実験動物監測所)

 

 旧HPに掲載された案内はこちら(HTML

 旧HPに掲載されたプログラムはこちら(PDF